シグマ、ソニー用とペンタックス用の超望遠レンズ、手ブレ補正機構付き

ニュース

2010/03/23 11:08

 シグマは、望遠ズームレンズ「APO150-500mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表し、ソニー用とペンタックス用を3月27日から順次発売する。価格は12万3800円。

APO150-500mm F5-6.3 DG OS HSM

 撮像素子がAPS-Cサイズのデジタル一眼レフで使用した場合、焦点距離が225-750mmの超望遠レンズ。特殊低分散ガラス3枚で色収差を補正。スーパーマルチレイヤーコートの採用で、フレア・ゴーストの発生を抑えるなどで、全撮影距離で高画質化を図った。

 フォーカス用モーター「HSM(Hyper Sonic Motor)」を搭載することで、AF(オートフォーカス)スピードの高速化と静粛性を実現した。絞り約4段分の効果がある手ブレ補正機構を搭載し、フルタイムでのマニュアルフォーカスができる。着脱可能な三脚座が付属。

オススメの記事