東芝、ワンセグ視聴対応の7V型ポータブルDVDプレーヤーなど2モデル

ニュース

2010/03/11 19:58

 東芝は、ポータブルDVDプレーヤー「ポータロウ」シリーズで、ワンセグが視聴できる7V型液晶搭載モデルなど2機種を4月上旬から順次発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、ワンセグチューナーを搭載した上位モデル「RSD-P75DTW」が3万5000円前後、3色のカラーバリエーションをもつエントリーモデル「SD-P75S」が2万2000円前後の見込み。

ポータロウ RSD-P75DTW

 ワンセグチューナー付きの「RSD-P75DTW」は、SD/SDHCカードに番組を録画できる。メモリカードに保存した番組は、対応する同社の液晶テレビ「レグザ(REGZA)」などでも視聴できる。変換アダプタを使えば、SD Video規格などmicroSDカードに収録した市販の映画やドラマのコンテンツも再生できる。

「ポータロウ SD-P75S」の天板のカラーバリエーション

 基本機能は、2モデルとも同じ。従来機から解像度を高めた800×480ピクセルの7V型液晶を採用。高品位な画質で映像を楽しめる。LEDバックライトの搭載で低消費電力を実現している。対応メディアは、DVDビデオ、DVD-R、DVD-RW、音楽CD、CD-R、CD-RW。

 電源はACアダプタまたは充電式バッテリ。バッテリの場合、連続5時間の再生が可能。サイズは幅190×奥行き161×高さ32mm。重さは「RSD-P75DTW」が820g、「SD-P75S」は785g。カラーは「RSD-P75DTW」がシェルホワイト、「SD-P75S」はシェルホワイト、バーガンディレッド、ディープブルーの3色。

オススメの記事