CIPA主催の写真・映像総合展「CP+」、いよいよ開幕

ニュース

2010/03/11 12:15

 カメラ映像機器工業会(CIPA)が主催する写真・映像の総合展示会「CP+(シーピープラス)2010」が、3月11日、横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。開催期間は3月11-14日の4日間、10:00-17:00。

CP+の会場となるパシフィコ横浜

 「CP+」は、CIPAが今年から新たに開始するカメラや写真映像機器の総合展示会。第1回となる今回は「カメラと写真映像の情報発信イベト~広がるフォトイメージングの世界をヨコハマから~」をテーマに開催し、共同出展を含め国内外の77社が出展する。4日間で2万人の入場者を見込む。

 会場では、カメラや家電メーカー各社がデジタルカメラの新製品・試作品を展示。周辺機器メーカーも最新製品を揃えて来場者にアピールする。各社ブースでは、著名写真家によるトークショーやメーカー担当者による製品・技術解説などが行われる。各社ブースの詳細については追ってレポートする。

■カメラと写真の総合展示会「CP+」現地レポート開催概要

オススメの記事