ビックカメラは、さくらやの店舗承継に伴い、さくらやが発行するポイントカードの「さくらやポイント」について、3月1日から自社の「ビックポイント」への移行サービスを開始する。

 移行サービスの受付実施店舗は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に所在するビックカメラ。さくらやから店舗を引き継ぎ、ビックカメラとして新たにオープンする船橋駅店、新宿東口駅前店、聖蹟桜ヶ丘駅店、相模大野駅店でも実施する。なお、ビックカメラが継承する4店舗以外のさくらやの店舗は、2月28日で全店閉店する。

 対象は、移行サービス受付時に有効期限内の「さくらやポイント」のみで、「さくらやポイント」1ポイントにつき、ビックカメラで使える「ビックポイント」1ポイントを発行する。移行にあたってはさくらやポイントカードの提示が必要で、移行サービス完了後、同カードは回収する。