オンキヨーは、A4ノートPC「R5シリーズ」とネットブック「C2シリーズ」のラインアップ拡充として、無線通信サービス「モバイルWiMAX」に対応した2モデルを2月10日から順次発売する。ラインアップと実勢価格は、「R511A4」が9万9800円前後、「C205A5」が5万4800円前後の見込み。

 いずれも移動体通信向けサービス「モバイルWiMAX」に対応したモデル。無線LANスポットから電波が届かない中距離エリアで使用でき、高速なデータ通信速度を実現。快適なインターネットが楽しめるのが特徴。

R511A4

 「R511A4」は、15.6型ワイド液晶のノートPC。通信モジュールにインテルのCentrino Advanced-N + WiMAX 6250を搭載。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nに準拠する。OSはWindows 7 Home Premiumで、32ビットと64ビットを選択できる。

 主な仕様は、CPUがCore i5-430M(2.26GHz)、2GBのメモリ、320GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、SD/SDHCカードとマルチメディアカードに対応するカードスロットを備えする。画面のアスペクト比は16:9で、解像度は1366×768ドット。サイズは幅394×高さ28×奥行き254mm、重さは約2.8kg。

 「C205A5」は、重さ約960gと軽量な10.1型ワイド液晶のネットブック。通信モジュールには、インテル WiMAX/WiFi Link 5150を搭載。無線LAN IEEE802.11a/b/g/nにも対応する。OSはWindows 7 Starter(32ビット)。バッテリを使用したときの駆動時間は約4時間。

 CPUはAtom N270(1.60GHz)、1GBのメモリ、32GBのSSD。メモリースティック、同 PRO、SD/SDHCカード、マルチメディアカードに対応するカードスロットや、30万画素のCMOSセンサー搭載Webカメラを備える。サイズは幅257×高さ23×奥行き180mm。

C205A5