富士フイルムは、LED(発光ダイオード)バックライト液晶パネルを採用した広視野角のデジタルフォトフレーム(DF)3モデルを、2月20日から順次発売する。価格はすべてオープン。

富士フイルムのLEDバックライト液晶採用デジタルフォトフレーム

 パネルサイズが10.2型の「DP-1020SH」、8.5型の「DP-850SH」、7型の「DP-700SH」は、すべてシャープ製のバックライト液晶パネルを採用。光源に通常のバックライトを使用した従来モデルから消費電力を半分に削減した。上下左右の視野角が176度と広いのが特長。

 「DP-1020SH」は、パネルにシャープが新開発した「新モード液晶」を採用。DFでは初めてという2000:1の高コントラスト比を実現した。表面にはアンチグレア処理を施し、光の映り込みを低減した。本体カラーはブラック。

DP-1020SH

 「DP-850SH」と「DP-700SH」は、パネルにコントラスト比は1000:1のASV液晶を採用する。本体カラーはブラックとホワイト。

 3機種とも、設定日時に画像をスライドショー再生したり、フォルダごとにスライドショー再生する機能などを搭載した。「DP-1020SH」と「DP-850SH」は、音声付き動画再生やBGM付きの画像スライドショー再生ができる。高速赤外線通信機能で、対応のデジタルカメラや携帯電話から無線で画像の取り込みができる。

 実勢価格は「DP-1020SH」が4万円前後、「DP-850SH」が2万8000円前後、「DP-700SH」は1万8000円前後の見込み。