日本ギガバイトは、ノートPC「BookTop」ブランドから、13.3型の液晶搭載で薄型・軽量ボディながら、GPU搭載のドッキングステーションを取り付ければ高性能グラフィックスを楽しめる「M1305」を、2月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

日本ギガバイトの「M1305」

 「M1305」は、解像度1366×768ピクセルの13.3型液晶、CPUにCore 2 Duo SU9400(1.4GHz)を備える。机の上で使うときは、GeForce GT220のGPUを搭載したドッキングステーションを取り付けることで、最大解像度2560×1600ピクセルの高性能なグラフィックスを楽しめる。

 このほかの主な仕様は、4GBのメモリや500GBのHDD、スーパーマルチDVDドライブ、SD/MMC/MS/MS Proに対応する4-in-1カードリーダーなど。Webカメラを内蔵する。通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応。標準バッテリの駆動時間は約6.5時間。

 OSは、Windows 7 Home Premium。本体サイズは幅357×奥行き177×高さ45mm、重さ727g。