AHSは12月11日、動画ダウンロードソフト「Web Video Downloader」を使用し、動画ファイルをBDやDVDに書き込むソフトのセット「Web Video Downloader 動画をテレビで見るパック」を、12月25日に発売すると発表した。価格は7980円。

Web Video Downloader 動画をテレビで見るパック

 セットは、「Web Video Downloader」のほか、動画ファイルをDVDに書き込むソフト「Movie DVD Maker」、動画ファイルをBDやDVDにブルーレイ形式で書き込むソフト「HD Movie Maker」、ダウンロードしたFLVファイルをiPod/iPhoneや携帯電話の再生形式に変換するソフト「FLV Converter」の4点で構成。インターネットでダウンロードした動画を、簡単にテレビの大画面や携帯端末で楽しめる。

 「Web Video Downloader」は、検索ツールや専用ブラウザを立ち上げる必要がなく、観ている動画を自動で解析し、ポップアップで知らせる。ポップアップをクリックするだけで動画が保存できるので、初心者でも勘単に使える。HD動画に対応する。

 「Movie DVD Maker」「HD Movie Maker」は、いずれも複数のファイルをCPUの数に応じて同時にエンコードを行うマルチエンコードに対応。さらに「HD Movie Maker」はインテル製Core i7プロセッサーに対応し、8ファイル同時にエンコードできる。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。