ハンファ・ジャパンは12月9日、自動車のエンジンをかけるだけでSDHCカードにドライブ映像を自動で記録し続ける常時録画型ドライブレコーダー「ITB-70」を、同社直販サイト限定で発売した。価格は1万9800円。

ITB-70

 本体を両面テープで自動車のフロントガラスに固定し、電源ケーブルをシガーソケットと接続すれば、自動車のエンジンをかけると同時に640×480ピクセル/毎秒30コマの前方映像を自動で記録する。水平90度、垂直65度の広角レンズを採用し、広い視野を確保した。

 記録メディアは16GBまでのSDHCカードに対応。付属する4GBのSDHCカードで直近6時間分の走行データを記録できる。メモリが満杯になっても、古いデータから自動で削除していくので、メモリ残量を気にする必要がない。

 映像はH.264形式で保存し、付属のソフトでPCから再生やバックアップができる。本体内蔵の加速度センサーが、急ブレーキや急ハンドルなどを自動で検知。映像ファイルの検知ポイントに自動的に「!」マークを付けるので、長い映像の中からでも特定のシーンを探し出しやすい。

 カメラのレンズ部は180度回転可能なので、後方側の撮影も可能。本体サイズは幅97×高さ42mm、重さ約80g。カラーはブラック。