ソニーとFIFA(国際サッカー連盟)は12月4日、「FIFA ワールドカップ」を世界で初めて3D映像化する契約を締結した。FIFAは「2010 FIFA ワールドカップ」の全試合のうち最大25試合を、ソニー製機材を使用して3Dで撮影・編集を行う。

ソニーは「CEATEC JAPAN2009」でも3D技術の展示に力を入れていた

 両者が共同制作した3D映像は、大会のハイライト映像として提供。2010年6-7月の大会開催期間中に、世界7都市で開催されるパブリックビューイングイベント「International FIFA Fan Fest(ファンフェスト)」や、FIFA主催のサッカー大会でのソニーの展示ブースで上映する。

 また、世界各地のソニーのショールームと販売店で、ソニーの3D製品で視聴できるようにする。さらに、3Dオフィシャルハイライト映像として、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ホームエンタテインメント部門がBDなどで販売する予定。 

「CEATEC JAPAN2009」にソニーが参考出展した単眼レンズの3Dカメラ

 ソニーは、2010年から液晶テレビ「ブラビア」やBD(ブルーレイディスク)対応機器、PC「VAIO」、「PlayStation3」を通じた3D体験を家庭に届けるとしており、本大会を3D映像化し、より多く人に体験してもらうことで3Dの本格展開を加速する。