相栄電器は11月19日、米Diskeeper Corporationが開発したデフラグソフトの最新版「Diskeeper 2010 日本語版」のダウンロード版を発売した。パッケージ版は12月18日に発売する。対応OSはWindows 7/Vista/XP。

Diskeeper 2010 Pro Premierのコンソール画面

 パソコンにインストールするだけで、バックグラウンドで自動的にデフラグを実行してくれるソフト。独自機能「InvisiTasking(インビジタスキング)」がパソコンのメモリ等の使われていない部分を注意深く監視し、ほかの作業に影響を与えることなくデフラグ処理を行う。

 新製品には、ファイルの断片化を最大85%、未然に防ぐ機能「IntelliWrite(インテリライト)」を搭載。HDDのディスクヘッドの動きを低減するので、CPUやメモリの空きリソース、消費電力の節約につながる。

 ラインアップと価格は、2台目のライセンスが無料で使用できる「Diskeeper 2010 Home 3500万本突破記念キャンペーン版」が6500円、「同 Professional」の通常版が7800円、アップグレード版が4700円。「同 Pro Premier」の通常版が1万3000円、アップグレード版が7800円、「同 Server」の通常版が4万5500円、アップグレード版が2万7300円。「同 EnterpriseServer」の通常版が7万8000円、アップグレード版が4万7000円、「同 Administrator」の通常版が3万9000円、アップグレード版が2万3400円。

 「Professional」以上のエディションには、「I-FAAST(アイファスト)」機能を搭載。独自のファイル再配置技術によって、従来に比べデフラグ処理を10-80%高速化した。

 また、「Pro Premier」以上のエディションには、「Terabyte Volume Engine(テラバイトボリュームエンジン)」を適用。60GB以上のデータに対しても高速のデフラグ処理を行う。

 最上位エディションの「EnterpriseServer」には、例えば20TBを超える大きなデータを処理できる強力なデフラグエンジン「Titan Defrag Engine(タイタンデフラグエンジン)」を搭載した。