プリンストンテクノロジーは11月18日、グラフィック向けのタブレット「PTB-S1BK」を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万6800円前後の見込み。

PTB-S1BK

 A4程度の入力エリアをもち、上部には「コピー&ペースト」「ファイルを別名で保存する」など頻繁に使う機能のショートカットを設定できる「マイクロキー」を10個搭載。マイクロキーの左右には、スクロールやズーム、音量の調整、ページ移動などを操作するホイール状のタッチパッドを装備する。

 さらに、入力エリアの左右には「エクスプレスキー」も各5個備え、消しゴム機能のほかキーボードの「Shift」「Alt」「Ctrl」「Tab」などのキーとして使用することが可能。

 付属ペンの分解能は0.00635mmの高い読み取り精度をもち、細かいペン先の動きを認識する。筆圧は1024段階まで調節できる。ペンには乾電池などのバッテリーを搭載せず、重さを軽減したことで長時間の使用による手の疲労を緩和する。

 本体サイズは幅390×奥行き14×高さ265mm、重さは1050g。カラーはブラック。対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS 10.4以降。