デルは11月6日、個人向けノートPCブランド「Adamo by Dell」の第2弾として、「世界最薄」の最薄部9.7mmを実現した「Adamo XPS」を、11月18日に発売すると発表した。BTOに対応し、価格は17万4000円から。

Adamo XPS

 本体サイズが最薄部9.7mm、最厚部10.3mmと、従来機と比べてさらなる薄型化を実現したノートPC。シルバーを基調としたアルミニウム製のボディが特徴。感熱式のラッチシステムを採用し、PCの開閉後にボディを立ち上げると、キーボード部が浮き上がり、タイピングに適した角度に傾斜する。本体を閉じる場合は、キーボードをディスプレイ側に収納するように折りたたむ。

 機能面では、白色LEDバックライトを採用した解像度1366×768の13.4型ワイド液晶を備え、CPUにインテルの超低電圧版Core 2 Duo SU9400を搭載した。メモリは4GB。記憶装置には128GBのSSDを備える。バッテリー駆動時間は、標準の20WHrバッテリーでは最大2時間36分、オプションとして選択できる40WHrバッテリーでは最大5時間17分。OSには64ビット版のWindows 7 Home Premiumを採用した。

 このほか、通信機能として無線LAN IEEE802.11a/b/g/nやBluetoothなどを搭載する。本体サイズは幅340×奥行き273.9×高さ9.7-10.3mm、重さ1.44kg。なお、オプションでバッテリーのほか、DVDスーパーマルチドライブ、ブルーレイコンボドライブ、250/500GBのHDDを選択できる。