日本ビクターは10月30日、VHS一体型ブルーレイディスク(BD)レコーダー「DR-BH250」を11月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は13万円前後の見込み。

DR-BH250

 250GBのHDDと地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各2基ずつ搭載し、2番組同時録画に対応する。また、動画圧縮技術「MPEG‐4 AVC エンコーダー」を採用することで、DRモードで録画した場合と比較して、デジタル放送の番組をフルハイビジョン画質のまま最長約5.5倍録画できる。

 VHSデッキも備え、約20時間に相当するVHSテープ10本分の映像をBD1枚にダビング可能。本体を制御信号「HDMI CEC」に準拠したリンク機能をもつテレビとHDMIケーブルで接続すれば、テレビとの連動操作にも対応する。

 このほか、デジタルビデオカメラで撮影したAVCHD方式のハイビジョン映像の取り込みに対応するUSB端子×1、SD/SDHCカードスロット×1などを装備する。本体サイズは幅435×奥行き395×高さ99.5mm、重さ6.8kg。