エディオンは10月22日、高速ワイヤレス通信サービス「エディオン クオルネット」を同日から提供開始すると発表した。それに合わせ、秋葉原・石丸電気本店で開通セレモニーを実施した。

開通セレモニーに登場した安田美沙子さん

 「エディオン クオルネット」は、UQコミュニケーションズが提供する高速ワイヤレス通信サービス「モバイルWiMAX」をベースにしたサービスで、通信サービス、メールサービスを標準で提供するほか、ウイルスチェックやWebフィルタリングサービスなどを有料オプションとして提供する。通信速度は下り最大40Mbps/上り最大10Mbpsで、動画コンテンツや広告・ニュース配信など、大容量データのダウンロード/アップロードが可能。

 また、専用のオリジナルデータ端末として、NECアクセステクニカ製の「PA-WM3200U(ED)」も発売した。軽量でコンパクトなUSBスティックタイプで、コネクタ部分の90度折れ曲がるほか、回転も可能で、PCのUSBポートの向きに関わらず接続できる。内蔵メモリにユーティリティを収録しており、CD/DVDドライブのないPCでも設定できる。

 サービス料金は、加入登録料を含む初期費用が2835円、月額サービス料が4480円。申し込みはモバイルWiMAXのサービス提供エリア内のエディオングループ直営店舗で受け付ける。なお、サービス開始時点では東京都・神奈川県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県のエディオングループ直営店舗で受付を開始し、以後サービス提供エリアの拡大と合わせて、順次取扱い店舗を拡大する予定。

 サービス開始を記念した開通セレモニーでは、タレントの安田美沙子さん、エディオン・情報家電商品部の乗常久志部長らが登壇。テープカットの代わりに、巨大なPCにつながった紅白のLANケーブルをカットする「LANケーブルカット」を行った。一足早く「エディオン クオルネット」を体験していた安田さんは、「(エディオン クオルネット)速くてスムーズで、ストレスフリーです」と、太鼓判を押した。

巨大PCにつながった紅白のLANケーブルカット