三菱電機は10月15日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「REAL」から、省エネ効果を確認できる「MXシリーズ」の新製品として、リモコン操作で画面の向きを調節できる32V型「LCD-32MX35」を10月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

LCD-32MX35

 リモコン操作でテレビ画面を左右に動かせる「オートターン」機能により、映像を常に正面から楽しめる。また、番組本編からCMに変わる時や、入力ソースを切り替えた時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能も搭載した。

 少ない蛍光管で従来と同等の明るさを実現した「ECOパネル」の採用により、業界トップクラスの省エネ性を実現。また、省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」機能を備える。「ECOメーター」は、現在の概算消費電力や省エネ度がひと目で確認できるほか、省エネの設定状況を葉っぱのアイコンで表示。「ECOモニター」は、現在の省エネ設定と省エネ設定を行わない場合とを比較して、電気代やCO2排出量の概算累積削減量を表示する。

 画質面では、高画質回路「DIAMOND EngineVI」の搭載により、ノイズの少ない滑らかで鮮明な映像を再現する。また、同社が培ってきた音響技術をベースに開発した「DIATONEリニアフェイズ」回路などの搭載により、クリアで臨場感のある音を再生する。解像度は1366×768ドットで、アスペクト比は16:9。チューナーは地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログに対応する。