プリンストンテクノロジーは10月13日、赤外線通信に対応する3.5型デジタルフォトフレーム「PPF-35IR」を10月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6980円前後の見込み。カラーはホワイト、ピンク、グリーン、ブルーの4色。

PPF-35IR

 携帯電話に保存した写真を高速赤外線通信「IrSS」で受信し、画面に表示できるのが特徴。液晶画面の解像度は320×240ピクセルで、表面には卓上鏡としても使えるハーフミラーパネルを採用した。記録媒体は4MBの内蔵メモリのほか、外部メモリとしてSD/SDHCカードスロットを備える。

 スライドショー機能を搭載し、ノーマルやランダムのほか「上から下」「カーテン」「開き戸」「クロスコンボ」から表示方法を選択できる。表示速度は「速い」「標準」「遅い」の3段階。再生できるファイル形式はJPEG。電源は内蔵リチウムイオン充電池で、ACアダプタとUSB経由で給電可能。サイズは幅95.2×奥行き13.5×高さ89.0mm、重さは約110g。対応OSはWindows 7/Vista/XP。