マイクロソフトは9月14日、720pでのハイビジョン(HD)撮影に対応した「Microsoft LifeCam Cinema」と、ノイズキャンセル機能付きのヘッドセット「Microsoft LifeChat LX-1000」を10月2日に発売すると発表した。対応OSはいずれもWindows 7/Vista/XP。

Microsoft LifeCam Cinema

 「Microsoft LifeCam Cinema」は、解像度1280×720ピクセルでのHD撮影に対応したハイスペックモデル。素早いピント調節が可能なオートフォーカス機能や、暗い場所でのノイズや残像を軽減する「クリアフレーム テクノロジ」などを採用した。

 また、4倍のズーム機能や500万画素の静止画撮影機能も備えるほか、ノイズキャンセル機能付きのマイクを内蔵する。本体は上下の角度調整に加え、360度の回転も可能。本体サイズは幅25×奥行き53×高さ98mmで、重さ94g。価格は8000円。

Microsoft LifeChat LX-1000

 あわせて、オーバーヘッドタイプのヘッドセット「Microsoft LifeChat LX-1000」も発売。手元で音量調節操作ができるコントローラーを備えるほか、マイクにはノイズキャンセル機能を搭載した。本体サイズは幅145×高さ160×奥行き45mmで、重さ82g。価格は2400円。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');