アップル、iPod nanoを刷新、ビデオカメラやFMラジオ、歩数計も搭載

ニュース

2009/09/10 06:00

 アップルジャパンは9月10日、iPodの新製品を発売した。同社の主力モデルiPod nanoは、第5世代として機能を大幅に強化。新たにビデオカメラとマイクを搭載し音声の録音や動画の撮影が可能になった。また歩数計やFMラジオも備え多機能化を進めた。第3世代の超小型iPod shuffleは、2GBモデルを追加し、カラーバリエーションも2色から6色に拡大。iPod touchには大容量の64GBモデルを追加し、HDDタイプのiPod classicは容量を160GBに拡大した。

 新しいiPod nanoは、横向きでも縦向きでも動画が撮れるビデオカメラを搭載した。規格はH.264 VGAビデオで解像度640×480、毎秒最大30フレーム、AACオーディオ。セピア、白黒、X線、万華鏡など15種類のリアルタイムのビジュアルエフェクトで画像の加工も楽しめる。内蔵マイクを使って、ボイスレコーダーとして使うことも可能。スピーカーも内蔵し、本体のみで音声と動画が再生ができるようになった。

 

ビデオカメラやFMラジオ、歩数計も搭載した第5世代iPod nano

→アップルストア銀座で開催された新製品発表イベントのレポート

 FMチューナーも新たに搭載し、聴いているラジオを一時停止したり、最大15分前まで巻き戻すことができる「ライブポーズ」機能を備える。そのほか、内蔵する加速度センサーを利用した歩数計も搭載。毎日の目標を設定し歩数をカウントしてフィットネスに利用することもできる。Nike+シューズ、Nike+iPod Sport Kitにも対応、ランニング時の走行時間や距離などの記録ができる。第3世代の超小型iPod shuffleに搭載された曲名とアーティスト名を音声で読み上げるVoiceOver機能も備えた。ディスプレイは2.2型と前モデルよりやや大きくなった。

 本体は酸化皮膜処理した光沢のあるアルミニウムボディに変更したが、大きさは前モデルと同じで、幅38.7mm、高さ90.7mm、厚さ6.2mm。重量は36.4gと0.4g軽くなった。さらに音楽の最大再生時間も24時間を維持した。カラーバリエーションは、シルバー、ブラック、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、イエロー(アップルストア限定)、(PRODUCT) RED(アップルストア限定)の9色。価格は8GBモデルが1万4800円、16GBモデルが1万7800円。

 iPod shuffleは色と容量のバリエーションを増やした。色はこれまでのシルバー、ブラックに加え、ブルー、グリーン、ピンク、ステンレススチール(4GBモデルのみでアップルストア限定)の6色展開。従来の4GBに2GBモデルを追加した。価格2Gモデルが5800円、4GBモデルが7800円。

色と容量のバリエーションが増えたiPod shuffle

 iPod touchには大容量の64GBモデルを投入した。価格は8GBモデルが1万9800円、32GBモデルが2万9800円、64GBモデルが3万9800円。32GBと64GBモデルについてはOpenGL ES Version 2.0にも対応。ゲームの起動が高速化した。iPod classicは容量を160GBに拡大。シルバー、ブラックの2色で価格は2万4800円。

 同時に、iPod用コンテンツ管理ソフトの新版「iTunes 9」も発表した。iTunes storeで楽曲などをアルバム単位で購入すると、歌詞やライナーノーツなども付属する「iTunes LP」、自宅の最大5台の認証されたコンピュータからiTunesのライブラリを共有できる「ホームシェアリング」、ライブラリにある相性のいい曲を探して、最大12個のミックスを自動的に作成する「Genius Mix」などを新機能として追加。同日より無料ダウンロード配布を開始した。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111352');

オススメの記事