東芝は9月2日、ノートPCやデジタル家電などに使われる、2枚版の2.5型HDDとして業界最大クラスの容量640GBの2.5型HDD「MK6465GSX」を商品化し、9月からサンプル出荷すると発表した。

640GBの2.5型HDD「MK6465GSX」

 磁気ヘッドやディスクの磁性層の改善により、面記録密度817.9Mbit/mm2としたことで、容量500GBの従来機種「MK5055GSX」と同じ厚さ9.5mmで、業界最大クラスの記憶容量640GBを実現した。エネルギー消費効率も従来機種より約28%向上した。

 オプションで、磁気ディスク装置の落下を検知し、衝突前にヘッドを退避させるフリーフォールセンサー機能を搭載することも可能。容量640GBモデルのほか、500GBの「MK5065GSX」、320GBの「MK3265GSX」、250GBの「MK2565GSX」、160GBの「MK1665GSX」も合わせて商品化する。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');