リコーは8月20日、光学10.7倍のズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CX2」を9月11日に発売すると発表した。カラーはブラック、シルバー、ツートン(グレー×ピンク)の3色。価格はオープンで、実勢価格は4万円台後半の見込み。

CX2

 09年3月に発売した「CX1」の後継機。新モデルでは、有効929万画素のCMOSセンサーや画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIV」、92万ドット表示の3.0型液晶などを従来機から引き継ぎつつ、連写速度は毎秒約4コマから5コマへ、焦点距離は35mmフィルム換算で28-200mmだったものを28-300mm相当へ向上した。

 光学10.7倍のズームレンズは開放F値がF3.5-5.6。ズームレバーを回し続けると高速ズームに変化する機能を備えるほか、センサーシフト式の手ブレ補正機構も搭載する。

 また、露出が異なる2枚の静止画を高速で連続撮影し、それぞれの適正露出部分を合成した画像を記録する「ダイナミックレンジダブルショットモード」を引き続き搭載。新モデルでは、露光差のオート設定機能を追加した。写真のダイナミックレンジを最大12EV相当まで拡大できるので、人の目で見た印象と近い画像の記録が可能だという。

 AF機能では、シャッターボタンを半押ししなくてもカメラが自動的にピント合わせ動作を行う「プレAF」を搭載。被写体の動きに応じてフォーカスを調節することで、すばやい撮影が可能。さらに、シャッターボタンを半押ししている間に被写体の動きを検出すると、被写体の動きに合わせて自動的にピント合わせ動作を行う「コンティニュアスAF」も搭載する。

 連写機能では、シャッターボタンを離す直前の連続画像を記録する「M連写プラス」に最大記録画素数で撮影できるモードを搭載した。撮影するシーンに合わせて最短約3秒間で15枚を連続撮影する「M連写プラス(9M)」、約1秒間で30枚を連続撮影する「M連写プラス(2M)」の2種類のモードが選択できる。

 そのほか、通常のモノクロ撮影よりコントラストを強調できる「ハイコントラスト白黒モード」や、画像の上下をぼかして撮影する「ミニチュアライズモード」などの機能も備える。また、設定に関わらずフラッシュ、AF補助光、操作音がオフになる「マナーモード」も搭載。撮影シーンに応じて最適な設定を自動で行う「イージー撮影モード」では、最大8人までの顔検出に対応した。

 最大640×480ピクセル・30fpsの動画撮影も可能。内蔵メモリは88MBで、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅101.5×奥行き29.4×高さ58.3mmで、バッテリーなどを含めた重さは208g。