島津ビジネスシステムズは8月7日、携帯電話公式サイト「お天気☆JAPAN」において、降雨情報を通知するメールサービス「降りはじめ~る」を8月10日から提供すると発表した。利用は無料で、通信費は別途必要。

「降りはじめ~る」と雨雲レーダーのサンプル

 あらかじめGPSなどを利用して位置設定しておくと、その位置を中心にして半径10kmの空を毎時6回監視。降水を発見すると随時メールで通知するサービス。

 1時間に1mm以上の弱い雨と、30mm以上の強い雨を区別して通知するため、洗濯物の取り込みからゲリラ豪雨対策まで幅広く活用できるという。また、ユーザーごとに通知条件の変更も可能。今年度は実証実験段階として、10年3月末まで無料で提供し、ユーザーからのフィードバックを求めていく。

 「お天気☆JAPAN」は1kmメッシュのピンポイント予報のほか、動きの予測もできる雨雲レーダーなどの情報を発信する携帯向けサイト。なお、同サイトの全メニューを利用するためには、ドコモ端末で210円、au端末で177円、ソフトバンク端末で210円の月額料金が必要になる。