ニコンイメージングジャパンは8月4日、世界で初めて超小型プロジェクター機能を内蔵したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S1000pj」を9月に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万2000円前後の見込み。

「COOLPIX S1000pj」のプロジェクター投影イメージ

 コンパクトデジタルカメラとプロジェクター機能を融合した製品。撮影した画像や動画を、プロジェクターボタンを押すだけで、壁や天井に投映して観賞することができる。また、BGMをつけたり、キャラクターやページめくりなど、豊富なスライドショー効果も搭載する。

COOLPIX S1000pj

 プロジェクター機能の主な仕様は、輝度最大10ルーメン、画面サイズは5-40型、投映距離は約0.26-2m。

 一方、カメラ機能としては、「レンズシフト方式+電子式」の手ブレ補正を採用。レンズシフト方式で手ブレを補正し、さらに画像補正が必要な場合にはカメラが自動的に2コマ自動撮影して、電子的にブレを補正を行う。

 また、撮りたいシーンに応じて機能を自由に組み合わせてきれいなポートレート撮影ができる「ベストフェイス機能」に、顔のシミやしわ、肌のくすみなどを滑らかに補正する「美肌効果」を新たに搭載した。

 有効1220万画素の1/2.3型CCDと、35mmフィルムカメラ換算で28-140mm相当の光学5倍ズームニッコールレンズを搭載する。モニタは2.7型。内蔵メモリは約36MBで、外部メモリはSDカードに対応する。電源はリチウムイオン充電池。本体サイズは幅99.5×高さ62.5×奥行き23mm、重さ約155g。カラーはシルバー。そのほか、撮影とプロジェクター操作の両方で使えるリモコンが付属する。