パナソニックは7月28日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズで、新型の手ブレ補正機能とAVCHD Lite形式での動画撮影機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ38」を8月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後の見込み。

LUMIX DMC-FZ38

 08年8月に発表した「DMC-FZ28」の後継機。新型の手ブレ補正機能「POWER O.I.S.」を備え、手ブレ補正の効果が従来機と比べておよそ2倍に向上。暗い撮影シーンで起こるゆっくりとしたブレを軽減できる。また、AVCHD Lite形式での動画撮影機能を搭載し、最大解像度1280×720ピクセルのハイビジョン画質での録画に対応した。

 有効1210万画素の1/2.33型CCDと光学18倍ズームの「ライカDC VARIO-ELMARITレンズ」を搭載。静止画・動画ともに35mmフィルム換算で27-486mmの焦点距離で撮影できる。レンズ構成はEDレンズ2枚、非球面レンズ4面3枚を含む8群11枚。焦点距離を望遠側に移動し、倍率を上げるEX光学ズームを利用して、解像度を劣化させることなく最大35.2倍のズームが可能。

 そのほか、「自動シーン判別」「暗部補正」「追尾AF」「デジタル赤目補正」「全自動逆光補正」「個人認証」といった機能を備えた「おまかせiAモード」も搭載する。液晶モニタは2.7型の23万ドットTFT液晶。内蔵メモリは40MBで、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅117.6×奥行き88.9×高さ75.8mm、重さ367g。カラーはブラックのみ。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');