カプコンは7月28日、同社の人気ゲーム「バイオハザード4」のiPhone/iPod touch版の提供を開始した。アップルのオンラインアプリケーションストア「App Store」にてダウンロードでき、価格は900円。


 「バイオハザード4」は05年にニンテンドーゲームキューブおよびプレイステーション2用ソフトとして発売されたサバイバルホラーゲーム。主人公レオンを操作し、襲い掛かるモンスターを倒しながら、誘拐された大統領の娘アシュリーを救い出すストーリー。

ビハインドカメラによるゲーム画面

 アプリ版では、直感的操作を可能にする「ビハインドカメラ」視点や、ターゲットをピンポイントで狙う「狙い撃ち」、通貨を用いた「武器の購入・改造による性能アップ」などの要素を採用し、ゲームの世界観を再現した。

敵につかまれたら、本体をふることでふりほどける

 操作はタッチパネルを利用し、画面をタッチすることで銃を撃てるほか、移動や武器の構え・解除などのさまざまなアクションはアイコンタッチで、武器の「リロード」や「振りほどき」などはiPhone/iPod Touch本体をシェイクすることで行える。

 ゲームモードは「村落」「渓谷」「城砦」「地下道」などのステージを、アシュリー救出のために進んでいく「ストーリーモード」と、与えられた条件下でステージをクリアしていく「マーセナリーモード」の2種類を用意する。