ウェザーニューズは7月15日、同社のWebサイトで提供する24時間ライブ放送番組「SOLiVE24(ソライブ24)」で、7月22日の皆既日食の様子を生中継すると発表した。放送時間は午前9時から11時20分まで。

SOLiVE24

 現地に設置するライブカメラを使って、皆既日食が世界で一番早く見られるインドのムンバイから中国の上海、日本の奄美地方へと皆既日食の様子を生中継する。日本各地で見られる部分日食については、全国で500台設置するライブカメラの映像に加え、ケータイ向けサイト「ウェザーニュース」の会員が投稿する写真や動画、コメントも番組内で紹介する。

 また、皆既日食の特設サイト「皆既日食2009」も同日に開設した。日食のメカニズムや各地の日食時間など、事前に知っておくと役立つ情報を提供。皆既日食が見られる当日には、当該地域の天気が一目でわかるほか、各地のライブカメラの映像もチェックできる。同サイトはPCと携帯電話向けサイト双方からアクセス可能。

皆既日食2009

 皆既日食とは、太陽と地球の間に月が割り込んで太陽を隠す現象。日本での皆既日食は、北海道東部で観測した以来46年ぶり。今回の皆既日食の継続時間は、最も長い時で6分39秒と今世紀最長。これを超える皆既日食は123年後の2132年となる。