米Appleは現地時間7月14日、iPhone/iPod touch向けのオンラインアプリケーションストア「App Store」が、サービス開始から1年でアプリのダウンロード本数が15億本を突破したと発表した。

App Store

 「App Store」は08年7月10日に、「iPhone 3G」の発売に合わせてスタートしたサービスで、09年4月にはアプリのダウンロード数が10億本を突破している。現在は世界77か国で6万5000以上のアプリケーションが提供されているという。また、同社ではこれまでに「App Store」のアプリを利用できるデバイスを累計4000万台以上出荷している。

 スティーブ・ジョブズCEOは「『App Store』は規模と品質の両方においてこれまで業界で見られなかったものです。15億本のアプリケーションがダウンロードされた今、これから他社が追いつくことは非常に難しいでしょう。」とコメントしている。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111352');