トリプレットゲート、イーモバの信号を無線LANに変換するモバイルルータ

ニュース

2009/07/14 17:33

 トリプレットゲートは7月14日、イー・モバイルが提供する携帯電話信号を無線LAN信号に変換するバッテリー駆動のモバイルルータ「クティオ for ワイヤレスゲート」を、7月17日に家電量販店ヨドバシカメラ」全店舗にて発売すると発表した。価格は1万9800円。

クティオ for ワイヤレスゲート

 イー・モバイルのデータ通信カードを本体に接続することで、同社の携帯電話信号を無線LAN IEEE802.11g/bのWi-Fi信号に変換することができる「ワイヤレスゲート ホームアンテナ for イー・モバイル」の後継機種。

 新製品はバッテリーを内蔵し、持ち運びが可能になった。これにより公衆無線LANサービスが利用できないエリアでも、イー・モバイルの携帯電話エリアであれば、iPhoneやPSP、ニンテンドーDSなどのWi-Fi対応端末を本製品を介してインターネットと接続することができる。

 対応するデータ通信カードは、イー・モバイル製の「D01HW」「D02HW」「D12HW」「D21HW」「D22HW」「D23HW」「D11LC」「D12LC」「D21LC」「D01NX」「D01NX II」。今後、他の携帯電話キャリアを含め、順次対応データ通信カードを拡大していく予定だという。本体サイズは高さ21.8×幅65×奥行き100mm、重さ約130g。なお、新製品発売に伴い、今後ホームアンテナは順次販売を終了する。

オススメの記事