ハンファ・ジャパンは7月9日、水深10mでの静止画/動画撮影が可能な水中マスク一体型のデジタルカメラ「UDCM310」を7月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万6800円前後の見込み。

UDCM310

 マスク上部に1/2.5型500万画素CMOSセンサーを搭載するデジタルカメラを内蔵した製品。水深10mまで対応し、静止画/動画の撮影ができる。撮影時の解像度は静止画が2560×1920ピクセル、動画が720×480ピクセルで30fpsのAVI(Motion JPEG)形式。また、内蔵マイクにより動画撮影時の音声記録にも対応する。

 本体には撮影モード、撮影枚数、動画・静止画モードの確認ができるパネルを備え、マスクを装着した状態では動作モードのみ確認が可能。内蔵メモリは16MBで、外部メモリとして最大8GBまでのmicroSD/SDHCカードにも対応する。電源は単4形乾電池×2。撮影したデータはUSB経由でPCに転送できる。対応OSはWindows Vista/XP。本体サイズは幅187×奥行き89×高さ133mmで、重さ300g。