三洋電機は7月8日、カセット型のリムーバブルHDD「iVDR-S」に録画が可能な地上/BS/110度CSデジタルチューナー「repoch(レポック IVR-S100M)」を9月1日に発売すると発表した。価格は6万1950円。

repoch

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載するほか、著作権保護技術「SAFIA」に対応する番組録画用のカセット型HDD「iVDR-S」に対応したスロットを備えたチューナー。販売時には日立マクセル製の160GB「iVDR-S」を1つ同梱する。製品名称である「repoch」は、新時代を意味する「epoch」と、録画を意味する「recording」に由来している。

スタンドを利用しての縦置きにも対応する

 本体サイズは幅230×奥行き170×高さ41mmと、A5ファイルサイズのコンパクトさを実現。2011年のアナログ停波後もアナログテレビを使用したいユーザーや、2台目以降のテレビ用チューナー用途、一人暮らし用の小型テレビ向けといった需要を見込む。

 録画時のフォーマットはTSのみで、MPEG-4 AVC/H.264などへの変換には対応しない。同梱の160GBの「iVDR-S」を利用した場合、ハイビジョン画質で最長20時間(地上デジタル/約17Mbps時)の録画が可能。

日立製作所の薄型テレビ「Wooo」と接続したデモの様子

 アナログ用の映像/音声出力端子と1080i対応のHDMI端子を搭載し、アナログテレビにはアナログ向け出力、デジタルテレビにはHDMI出力と視聴環境に応じた使い分けが可能。そのほかにLAN端子も搭載しており、今秋の放送波アップデートで、動画コンテンツ配信サービス「アクトビラ」のストリーミング再生にも対応する予定。将来的にはアクトビラコンテンツのダウンロード対応も検討しているという。

佐々木慶宏・三洋電機コンシューマエレクトロニクス・車載事業部・事業推進部長

 三洋電機コンシューマエレクトロニクスの佐々木慶宏・車載事業部 事業推進部長は今回の製品について「現時点では、2011年のアナログ停波時に、1200万台のアナログテレビが放送受信不可のまま残るのではという予想がある。また、デジタル化されたコンテンツには著作権の問題もある。ユーザーのアナログテレビが『もったいない』、著作権が『めんどくさい』というキーワードが前提になったもの」と開発の狙いを語った。