コレガは7月7日、IEEE802.11n/a/g/bの全規格に対応する無線LANルータ「CG-WLR300NNHシリーズ」を7月下旬に発売すると発表した。ラインアップと価格は、ルータ単体の「CG-WLR300NNH」が1万5225円、USBアダプタセットモデルの「CG-WLR300NNH-U」が2万790円。

 「CG-WLR300NNHシリーズ」は本体前面にUSBポートを搭載し、外付けHDDやUSBメモリをファイルサーバーとしてPCでデータを共有できるのが特徴。ホームネットワークでデータをやりとりできる規格「DLNA(Digital Living Network Alliance)」に対応し、家庭用ゲーム機やデジタル家電製品に保存した音楽/画像/映像ファイルを直接再生して楽しめる。

 なお、同社が6月18日に発表したIEEE802.11n/g/bの規格に対応する無線LANルータ「CG-WLR300GNHシリーズ」も、6月下旬より順次発売している。ラインアップと価格は、6月26日に発売したルータ単体の「CG-WLR300GNH」が9975円、7月上旬発売予定のUSBアダプタセットモデル「CG-WLR300GNH-U」が1万3440円、PCカードセットモデル「CG-WLR300GNH-P」が1万4490円。