ソフトバンクモバイルは6月26日、iPhoneの新モデル「iPhone 3GS」を、直営店のソフトバンク表参道で、午前7時から先行発売した。店舗前で行われた発売記念セレモニーには女優の上戸彩さんも登場し、孫正義社長とともにイベントに華を添えた。


 午前6時の段階で、すでに店の前には端末を求める人が並んでおり、同社広報によると、発売の時点で200人以上の行列になっていたという。ちなみに昨年、同店舗での「iPhone 3G」の発売イベントでは1500人以上が行列したが、今回のイベントでは事前予約者のみを対象とし、先行発売も複数の店舗で行っていることから、そこまでの混雑にはならなかったようだ。

会場到着時点では発売まであと1時間ほど

 店舗の入り口には発売時刻までのカウントダウンクロックが設置され、6時50分頃から発売記念のセレモニーを開始。冒頭、早速「iPhone 3GS」を持った孫社長が登場し、「今日並んでいただいている方々は、予約されて購入手続きも終了されているはずなのに、徹夜で並んでいただいて、すごい情熱だと感じる。私は毎日iPhoneを使っているが、今回のiPhone 3GSではビデオを撮る頻度が10倍以上に増えそう。ビデオを撮れる機器はいくつもあるが、指先1つですべてが完結し、まったくストレスがないというのがすごい。まさに、インターネットが完全に毎日の生活の一部になってしまう発明」とアピールした。

両手にiPhoneを持ち、熱く語る孫社長

 続いて同社のCMキャラクターを務める女優の上戸彩さんが登場。登場に際しては、報道関係者以外のカメラ・携帯電話での撮影は禁止するよう告げられたが、孫社長は「ケータイじゃなくてiPhoneでの撮影ならOKじゃない?」とジョークをとばしたり、登場した上戸さんと二人で自身が録ったビデオを仲良く視聴するなど、終始上機嫌だった。

インタビューに答える上戸さんを、孫社長がこっそりと撮影する一幕も

 上戸さんは「さっき朝会場に着いたときは誰もいなくて、iPhone大丈夫かなーと思ったんですけど、前夜祭をされていたんですね。それにしてもすごい人ですね」と驚いていた。製品については「動画が録れるっていうのはすごいですね。普段デジカメを持ち歩くことはあっても、デジカムを(持ち歩く)っていうのはないので、こんな大きな画面でしっかり録れるのはありがたいです」とこちらも動画撮影機能に興味津々の様子だった。

 さらに、イベント中に孫社長からのサプライズとして、今後の同社のCMに人気グループのSMAPを起用することが明らかにされた。白戸家との共演や放映時期など詳細は未定とのことだが、すでに撮影は始まっており、「すごくかっこいいCMになっている。いろいろなシリーズを出していく」(孫社長)という。

孫社長からのサプライズには上戸さんもびっくり

 この話を聞いた上戸さんは「だからかー! ドラマの撮影中に、中居さんがやけにソフトバンク携帯の話をふってきたのはそういう理由もあったんですね」と、驚きつつも納得していた。

 その後、発売開始の7時にあわせ、10秒前から孫社長と上戸さん、ユーザー全員でのカウントダウンを開始。7時になると同時に会場は大きな歓声と拍手に包まれた。続いて並んでいたユーザーを順番に店内に誘導し、契約手続きが開始された。契約者第1号には、上戸さんから直接端末が手渡されるということで、上戸さんは「私もここで働いてますから」と、同社のCM内での「ソフトバンク表参道」店員という設定をしっかりアピール。周囲の笑いを誘っていた。

ついに「iPhone 3GS」発売開始!

 記念すべき契約者第1号は、文京区からやってきたという藤本さん。上戸さんから直接端末を手渡しされた藤本さんは、「日本で1番というのは初めてなので、言葉にならないというのが正直なところです。(上戸さんから手渡しされたが)、今後はもうおそらく一生ないと思います」と感激しきりの様子だった。

並んでいたユーザー1人ひとりに挨拶する孫社長と上戸さん

 「iPhone 3GS」は、従来の「iPhone 3G」に比べて、アプリケーションの起動速度が2倍、ウェブサイトの表示速度が3倍に向上した新モデル。そのほか、動画撮影機能を備える300万画素のカメラや、ボイスコントロール機能、デジタルコンパスなどの機能が追加され、バッテリー持続時間も向上している。

iPhone 3GS