環境省は6月24日、「エコポイント」の商品交換に必要なポイント数、ポイントの登録・商品交換申請時に必要な「事業者コード」や「商品コード」を記載した「エコポイント交換商品カタログ」を事務局ホームページ上で公表した。なお、カタログは全国の家電販売店や郵便局で配布する予定。

「エコポイント交換商品カタログ」の一部

 「エコポイント」制度とは、09年5月15日以降に購入した「統一省エネラベル」4つ星以上の基準を満たす「エアコン」「冷蔵庫」「地上デジタル放送対応テレビ」に対して、さまざまな商品と交換可能な「エコポイント」を付与するというもの。エコポイントの登録・商品交換申請は、7月1日から事務局ホームページや郵送で受け付ける。

 商品の交換に必要なポイント数は、「公共交通機関カード」の「Suica」「PASMO」「TOICA」「ICOCA」1万2000円分が1万3500点。すべてデポジット500円を含む。1枚440円分のお米と引き換えられる「全国おこめ券」20枚が1万点、1枚350mlの缶ビール2缶と引き換えられる「ビール共通券」が5枚で3000点、「全国共通すし券」1万円分が1万500点、「ハーゲンダッツ アイスクリーム」のミニカップ2個交換券10枚セットが6600点など。期間・数量限定商品もある。また、送料・手数料などは、交換点数の中に含まれている。

 申請受付後、必要事項の確認等の手続きが終了し次第、希望の交換商品がその提供事業者から申請者の住所に郵送される。窓口受け渡し商品もあり、その場合は事業者から手続きに関して事前に連絡がある。申請の際には、商品等との交換は後日行うこととし、単にエコポイントの登録のみを行うことも可能。