工人舎は6月23日、タッチ操作に対応する7型ワイド液晶を備え、カメラを2基搭載するミニノートPC「SKシリーズ」を6月26日に発売すると発表した。価格は6万9800円。

専用システム手帳と「SKシリーズ」

 「SKシリーズ」は、工人舎のノートPCの中でも携帯性に優れる、7型ワイド液晶を搭載した「SCシリーズ」の後継シリーズ。A5サイズの「SCシリーズ」を小型化したシステム手帳サイズで、重さも720gと約100g軽量化した。

 180度回転する、解像度1024×600ドットの7型ワイドタッチパネル液晶を備える。ディスプレイ背面には、ノートPCとして世界初のオートフォーカス対応の300万画素カメラ、前面には30万画素Webカメラを装備。背面のカメラでデジタルカメラのように画面を確認しながら写真を撮影でき、前面のカメラでSkype、WindowsMessengerなどでビデオチャットを楽しめる。ともに動画撮影に対応している。

 録画や字幕放送、データ放送に対応するワンセグチューナーを備える。そのほか、搭載するGPS機能とプリインストールするナビゲーションソフト「GrandMap PC Navi for KOHJINSHA」により、自分の位置情報の確認に加えて、ウォークナビやサイクルナビ、カーナビとして使用することができる。

 CPUはAtom Z520(1.33GHz)、1GBのメモリ、60GBのHDDを搭載する。OSはWindows XP Home Edition(SP3)。本体サイズは幅193×奥行き132×高さ21.6-30mm。カラーはブラック。

 オプションで本体を取り付けられる専用システム手帳を用意する。装着すればインターネットでニュースや情報を検索しながら手帳にメモをとったり、前面のWebカメラを使って手帳にメモした文書を撮影して保存したりできる。価格は6800円。

 また、発売記念キャンペーンとして、初回限定500台には本体のみの価格6万9800円で専用システム手帳が付いてくる。