AHSは6月19日、各種デバイス用にさまざまなファイルを変換するソフト「e-video converter」シリーズを立ち上げ、その第1弾製品としてOS「Android」搭載の携帯電話向け動画・音楽ファイル変換ソフト「e-video converter for Android」を6月19日に発売すると発表した。ダウンロード版のみで、価格は3980円。

「e-video converter for Android」の画面

 パソコン内の動画・画像ファイルやDVDビデオ、音楽CDなどのファイルを、「Android」搭載の携帯電話で再生できる形式へ変換するソフト。YouTubeなどの動画共有サイトから目的の動画を検索してファイルをダウンロードし、変換することも可能。また、ファイルを登録しておくだけで順次変換する「バッチエンコード」機能を備える。

 対応するAndroid端末は、国内ではNTTドコモの09年夏モデル「HTC HT-03A」。そのほか「Android G1」「HTC Magic」「Kogan Agora」「Skytone Alpha 680」に対応する。動画の対応フォーマットは、入力がDVDビデオ、FLV、AVI、MPEG1/2、MPEG 4(DivX3.11-6、Xvid、nero Digital)、DivX、WMV。出力がH.264とMPEG4。

 音楽の対応フォーマットは、入力がオーディオCD、MP3、AAC、WAV、DVDビデオ、FLV、AVI、DivX、WMV、MP4。出力がAACとMP3。静止画の対応フォーマットは入力がJPEG、BMP、GIF、PNG。出力がJPEGとBMP。対応OSはWindows 7/Vista/XP Home/Professional(SP2)以上。