カシオ計算機は6月15日、最薄部32mmで世界最薄のDLP方式データプロジェクターの新製品として、3500ルーメンの高輝度モデル「XJ-S68」「XJ-S63」など計4機種を7月29日に発売すると発表した。

 輝度2000ルーメン以上のデータプロジェクターとして世界最薄を実現した「スーパースリムプロジェクター」の新モデル。光源ユニットや冷却方式などを改良することで、「XJ-S68」「XJ-S63」については、3500ルーメンの高輝度を実現した。

 ラインアップと価格は、3500ルーメンの高輝度モデルで、USBメモリ対応の「XJ-S68」が36万5400円、USBメモリ非対応の「XJ-S63」が34万4400円。また、3000ルーメンのモデルでUSBメモリ対応の「XJ-S58」が31万2900円、2500ルーメンで同じくUSBメモリ対応の「XJ-S39」が24万9900円。USBメモリを接続できる3機種は、パソコンを繋がずにデータを投映できる。

 投影方式はDLP、解像度は1024×768画素。投影画面サイズは15-300型、最短投映距離は84cm。スピーカー×1W、RGBミニD-Sub15ピン×1、3.5mmミニジャック×1を備える。本体サイズは幅270×奥行き199×厚さ43mm(最薄部32mm)。重さは1.8kg。

 

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111365');