富士フイルムは6月11日、コンパクトデジタルカメラの新製品として、液晶パネルにタッチするだけで写真が撮影できる「FinePix Z300」を6月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

FinePix Z300

 タッチ操作に対応した3.0型の液晶パネルを搭載。画面に映った被写体を指先でタッチすると、自動でピントを合わせてシャッターが切れる「タッチショット」機能を備える。また、撮影した画像をドラッグ&ドロップし、2-5枚の画像を組み合わせて1枚の画像を作成する「レイアウトフォト」や、撮影画像のリストを見ながらフォルダ分けができる「フォルダ管理」など、タッチパネルを生かした再生・編集機能も備える。

 そのほか、被写体までの距離を判断し、適切な発光量に調整する「スーパーiフラッシュ」、自動で6種類の撮影シーンを認識し、最適な設定を行う「シーンぴったりナビ」や、360度の範囲で顔を検出し、赤目などを補正する「顔キレイナビ」などの機能を搭載する。

 有効画素数1000万画素のCCDを備え、光学ズームは5倍、最大ISOは1600。高速赤外線通信に対応し、対応するテレビや携帯電話などに画像を送信することもできる。31MBの内蔵メモリを備え、外部メモリとしてSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅92×高さ56.5×奥行き18.5mmで、重さ130g。カラーはピンクゴールド、ホワイト、ブラック、パープルの4色を用意する。