東芝は6月9日、10.1型ワイド液晶を搭載したミニノートPC「dynabook UX」シリーズに、約10時間の長時間駆動が可能な「PAUX25JNL」を追加。また、従来の「PAUX24JNS」と「PAUX23JNL」それぞれに、新色コスミックブラックモデルを加え、6月13日から順次発売すると発表した。価格は全てオープン。

PAUX25JNL/24JNS/23JNL(コスミックブラック)

 「dynabook UX」シリーズは、丸みを帯びたフォルムと天板の立体的なストライプ模様が印象的なミニノートPC。CPUはAtom N280(1.66GHz)、1GBメモリ、160GBのHDDを搭載する。OSはWindows XP Home Edition(SP3)。無線LANはIEEE802.11b/gに対応し、30万画素のWebカメラも備える。

 新モデルの「PAUX25JNL」は、大容量バッテリーを標準搭載することで、従来モデルの約2.5倍にあたる約10時間の長時間駆動を実現。カラーはコスミックブラックで、高級感のあるハイグロスコーティングを施している。実勢価格は6万円台半ばの見込み。

 また、標準のバッテリー駆動時間が約4時間の従来モデルにも、コスミックブラックモデルを追加。実勢価格はOffice Personal 2007(2年間ライセンス版)搭載モデル「PAUX24JNS」が7万円前後、非搭載モデル「PAUX23JNL」が6万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');