パナソニックは6月2日、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応する薄型テレビ「新・ビエラ」に、HDDを内蔵する「Rシリーズ」を追加。プラズマテレビ3機種と液晶テレビ4機種を7月1日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

Rシリーズ


 「Rシリーズ」のラインアップは、プラズマの42V型、46V型、50V型3機種と、液晶の17V型、20V型、32V型、37V型4機種の計7機種。


 プラズマモデルには500GB、液晶モデルには250GBのHDDを内蔵。「長時間録画モード」なら、地上デジタル放送の番組を、プラズマモデルで約91時間、液晶モデルで約44時間録画できる。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、2番組同時録画が可能。


 地上デジタル放送とワンセグ放送の同時録画にも対応し、ワンセグ番組をSDカードで持ち出して、携帯電話などで楽しめる「ワンセグ持ち出し機能」も備える。さらに、アクトビラが提供するデジタルテレビ向けの映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応する。


 また、付属のリモコンの「らくらくアイコン」ボタンを押すと、「ジャンル検索」「注目番組」「お好み録画一覧」「予約一覧」「ワンセグ持ち出し」の5つのアイコンが画面上に現れるので、検索や録画操作が簡単にできる。


 そのほか、「ビエラリンク」を進化させた自動節電機能を搭載。テレビの視聴状態に応じて、使用していない接続機器の電源を自動でオフする「こまめにオフ」機能や、テレビを使用していない時に、接続する同社のBD/DVDレコーダー「ディーガ」の待機電力モードを自動で最小に切り換える「ECOスタンバイ」機能を備える。


 プラズマモデルは、新開発の「ネオ・プラズマパネル」を採用。1コマの映像表示時間を短くすることで、動きの速いシーンでも、素材の持つディテールを質感豊かに描写する。解像度は1920×1080で、フルハイビジョン(HD)表示に対応する。コントラスト比は40000:1。カラーはブラック。


 実勢価格は、50V型が39万円前後、46V型が33万円前後、42V型が28万円前後の見込み。


 液晶モデルは、視野角178度で、斜めから見ても鮮明な新「IPSαパネル」を採用する。37V型と32V型のコントラスト比は、ともに20000:1。カラーはブラック。解像度は37V型が1920×1080で、32V型が1366×768。20V型と17V型は、解像度1366×768。カラーはメタルブラックとシャンパンゴールドの2色。


 実勢価格は、37V型が23万円前後、32V型が17万円前後、20V型が13万円前後、17V型が12万円前後の見込み。

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');