米Microsoftは現地時間6月1日、コンピューターゲーム関連の見本市「Electronic Entertainment Expo」(E3)の開幕を前に、「Xbox 360 E309 Media Briefing」を開催。「Xbox 360」に対応した、コントローラーを必要としないゲームシステム「Project Natal」を発表した。

 「Project Natal」は、RGBカメラ、深度センサー、マルチアレイマイクロフォン、および専用ソフトウェアを走らせるカスタムプロセッサを内蔵した機器。センサーによって全身の動きを3Dで追跡し、コントローラーを使用することなく、手を動かす、腰をひねる、または話すといった、日常生活で行っている動作でゲームを操作することができる。

 同社によると、ユーザーの顔を認識し、ユーザーが発した言葉も理解できるという。例えば、アメリカンフットボールのゲーム中、味方にプレーの指示を出せば、選手が実際にその指示に反応するとしている。センサーの前に立つだけで、「Xbox LIVE」へのサインインも可能。

 「Project Natal」の紹介時に登壇した映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏は「インタラクティブエンターテインメントの次のステップは、コントローラーをなくすことです。『Project Natal』によって、私たちを正確に認識する技術が実現され、人々が集まってプレイするゲームが生まれます」とコメントしている。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');