アイ・オー・データ機器は5月25日、カセット型のリムーバブルHDD「iVDR」に録画した映像を再生できる「iV Player」を6月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。同社直販サイトでは先行予約を開始しており、価格は2万9800円。

iV Player

 通常の「iVDR」に加え、日立製作所の薄型テレビ「Wooo」が採用している、著作権保護機能を備えた「iVDR-S」にも対応。他社製の薄型テレビでも「iVDR-S」に録画したハイビジョン番組を再生して楽しむことができる。なお、「Wooo」で録画した番組のネットワーク経由での再生はできない。

 インターフェイスは、HDMI端子、D端子、コンポジットビデオ端子などを搭載。USBポートやLANポートも備えているため、PCと接続してネットワークメディアプレーヤーとしても利用できる。本体サイズは幅198×奥行き163×高さ26mmで、重さ412g。

 なお、先行予約特典として、100台限定でPC用のUSB接続iVDRリーダー・ライター「USB2-iVDR」とのセット販売も行う。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111351');