セイコーエプソンは5月11日、投写距離62cmから60型ワイド画面を投影できる法人向けプロジェクター「EB-410W」を5月下旬に発売すると発表した。税別価格は19万8000円。

EB-410W

 投影方式は「3LCD」方式を採用。60型ワイドの大画面をわずか62cmの距離から表示できる「超」短焦点レンズを搭載し、省スペースでの設置・利用を実現している。また、1280×800ドット(WXGA)の液晶パネルを搭載し、一般的な解像度であるXGA(1024×768ドット)と比較して、およそ1.3倍の情報量を表示することができる。

 電源オンから5秒で投写を開始する「クイックスタートアップ」や、使用後のクールダウンが不要で、電源オフボタンを押さずに電源コードを抜くことができる「ダイレクトシャットダウン」などの機能を備えるほか、投写サイズの調整とタテ方向の台形歪みの補正も可能。

 インターフェイスは、ミニD-sub 15pin×2、RCA×1、S端子×1など。コントラスト比は500:1で、輝度は2000ルーメン。本体サイズは幅327×奥行き272×高さ157mmで、重さ3.6kg。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111359');