富士通、モバイルノートPCの夏モデル、ついにミニノートPCも登場

ニュース

2009/04/21 15:51

 富士通は4月21日、モバイルノートPCの夏モデルとして、同社初となるミニノートPC「FMV-BIBLO LOOX M」や、「FMV-BIBLO MG」「FMV-BIBLO LOOX R」を、4月23日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

同社初のミニノートPC「FMV-BIBLO LOOX M」



 「LOOX M」シリーズは、同社初となる海外生産のミニノートPC。ラインアップは「M/D10」のみで、1024×576ドットの10.1型ワイド液晶を搭載し、OSはWindows XP Home Edition(SP3)を採用する。

M/D10
 
 天板やパームレスト部に光沢感のある塗装を施したほか、使いやすさにこだわり、約17.2mmのキーピッチを確保したキーボードを搭載する。CPUAtom N270(1.60GHz)で、1GBメモリ、160GBのHDDを搭載する。このほか、IEEE802.11b/gの無線LANや、Bluetooth Ver2.1、130万画素のWebカメラ、14種類の辞書ソフトなどを搭載する。

 本体サイズは幅258×奥行き189×厚さ29-34mmで、重さは約1.2kg。バッテリー駆動時間は約2.6時間。また、オプションの大容量バッテリーパックを搭載すると、駆動時間が約5.3時間に伸びる。カラーはミルクホワイト、ルビーレッドの2色。実勢価格は6万円前後の見込み。

大画面モバイルノートPC「FMV-BIBLO MG」



 「MG」シリーズは、モバイルノートPCとしては大きめの液晶を搭載した大画面モバイルノートPC。ラインアップは13.3型ワイド液晶を搭載した「MG/D70」と、14.1型ワイド液晶を搭載した「MG/D75」の2モデル

MG/D70とMG/D75
 
 両モデルとも、Windows Vista Home Premium(SP1)を搭載し、CPUにCore 2 Duo P8700(2.53GHz)を採用する。4GBメモリ、320GBのHDD、2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。バッテリー駆動時間は「MG/D70」が約7.0時間、「MG/D75」が約8.2時間。

 実勢価格は、IEEE802.11b/g/n無線LAN機能を搭載した「MG/D70」が17万円台半ば、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN機能を搭載し、Bluetooth 2.1+EDRに対応する「MG/D75」が20万円前後の見込み。

約12時間駆動するビジネスモデル「FMV-BIBLO LOOX R」



 「LOOX R」シリーズは、1280×800ドットの12.1型ワイド液晶を搭載したビジネス向けモデル。ラインアップは、SSDを搭載した「R/D70」と、HDDを搭載した「R/D50」の2モデル。両モデルとも2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載する。

R/D70とR/D50
 
 SSD搭載モデル「R/D70」は、CPUにCore 2 Duo 超低電圧版 SU9600(1.60GHz)を採用し、4GBメモリ、128GBのSSDを搭載する。IEEE802.11a/b/g/n無線LAN機能を搭載するほか、Bluetooth 2.1+EDRにも対応する。また、Windows XP Professional(SP3)へのダウングレード用リカバリディスクを付属したWindows Vista Business (SP1)を採用する。バッテリー駆動時間は約12.8時間で、実勢価格は25万円前後の見込み。

 HDD搭載モデル「R/D50」は、CPUにCore 2 Duo 超低電圧版 SU9400(1.40GHz)を採用し、4GBメモリ、320GBのHDD、IEEE802.11b/g/n対応の無線LAN機能を搭載する。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)で、バッテリー駆動時間は約12.3時間。実勢価格は23万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111391');

オススメの記事