ソニーは3月25日、デジタルフォトフレーム「S-Frame」ブランドの新製品として、3シリーズ4機種を4月24日に発売すると発表した。ラインアップは、Xシリーズが10.2型「DPF-X1000」と8型「DPF-X800」、Dシリーズが7型「DPF-D72」、Aシリーズが7型「DPF-A72」。価格はすべてオープン。

DPF-X1000

 Xシリーズの2機種は、新開発「TruBlack(トゥルーブラック)ディスプレイ」を採用し、光の乱反射を抑えることで従来比約15倍の高コントラストと液晶画面への映りこみの低減を実現した。

 新たに「時計アラーム」機能を搭載。オリジナルの画像を簡単に作成できる「クリエイティブスライドショー」を含む14種類のスライドショーや、約4000枚の画像を保存できる2GBの内蔵メモリを備える。

 アスペクト比はともに15:9、画面解像度は「DPF-X1000」がWSVGA(1024×600ドット)、「DPF-X800」がWVGA(800×480ドット)。カラーはともに、ブラックとウッディー&ブラックの2色。実勢価格は「DPF-X1000」が4万円前後、「DPF-X800」が3万円前後の見込み。

(左から)DPF-D72、DPF-A72

 Dシリーズ「DPF-D72」は、7型WVGAクリアフォト液晶と約2000枚の画像を保存できる1GBの内蔵メモリを搭載する。カラーはブラックとホワイト。実勢価格は2万円前後の見込み。

 Aシリーズ「DPF-A72」は、7型WQVGA(480×234ドット)液晶と、10種類のスライドショー、128MBの内蔵メモリを備えるエントリーモデル。実勢価格は1万5000円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');