新生活を機に、携帯電話の買い替えを予定している人も多いのではないだろうか。各キャリアの春モデルもほぼ出揃い、実機を触って比較することも可能になった。しかし、以前に比べて端末本体の価格が高くなったため、値ごろ感のある旧モデルにするか、それとも最新モデルにするか、そこが一番の悩みどころだろう。

 では、いま実際に売れているのは、どの機種だろうか。今回は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3キャリアについて、それぞれ「BCNランキング」による売れ筋ランキングを紹介する。

ソフトバンクモバイルはキャンペーン中のiPhoneが2位・3位に



ソフトバンクモバイル 携帯電話ランキング
順位 メーカー名 品名 発売年月

1

パナソニック
モバイルコミュニケーションズ

830P

08/11

2

アップル

iPhone 3G 8GB

08/7

3

アップル

iPhone 3G 16GB

08/7

4

シャープ

NEW PANTONE 830SH

08/10

5

サムスン電子

821SC

08/4

「BCNランキング」 09年3月9日-3月15日 週次 <最大パネル>


 3月第2週(09年3月9日-3月15日)のソフトバンクモバイルの1位は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「830P」。08年11月発売の2つ折り端末で、ワンプッシュオープンやスピードダイヤルなど、10個のワンタッチ機能を搭載する。シンプルなデザインと使いやすさが特徴だ。


830P

 2位・3位には、アップルの「iPhone 3G」の8GBモデルと16GBモデルがランクイン。ソフトバンクでは、現在、「iPhone」を割安で購入できる「iPhone for everybody キャンペーン」を実施している。2月27日から5月31日までの期間中、8GBモデルを新規で購入すると、端末実質負担額が0円になるというものだ。このキャンペーン効果もあり、売れ行きは好調のようだ。


 4位は、08年10月発売のシャープ製「830SH NEW PANTONE」。色見本でお馴染み「PANTONE」とのコラボケータイで、ピンクやミントブルーなど、カラフルな15色のカラーバリエーションをラインアップする。


(左から)iPhone 3G、830SH NEW PANTONE

 春モデルが発売したてということもあり、ランキング上位は、値下がりした旧モデルが目立つ。ちなみに春モデルでの1位は、「AQUOSケータイ 932SH」で、ソフトバンクモバイル全体では9位。次は「831SH」で同11位、「831P」で同12位という結果だった。


1位を除き、最新モデルが上位に並ぶドコモ



NTTドコモ 携帯電話ランキング
順位 メーカー名 品名 発売年月

1

富士通

らくらくホンV(F884iES)

08/8

2

シャープ

SH-02A

08/12

3

パナソニック
モバイルコミュニケーションズ

VIERAケータイ P-03A

08/12

4

NEC

N-02A

08/11

5

NEC

N-04A

09/01

「BCNランキング」 09年3月9日-3月15日 週次 <最大パネル>


 NTTドコモの1位は、08年夏モデルの富士通製「らくらくホンV(F884iES)」。「しんせつ」「かんたん」「見やすい」「あんしん」をコンセプトにしている「らくらくホン」シリーズは、季節やトレンドに左右されることなく、高い人気を得ているようだ。


らくらくホンV

 2位は、シャープ製「SH-02A」。ライムグリーンやチェリーブロッサムなど、春らしいカラーを加えた計8色をラインアップする。はっきりした色合いが特徴で、オートフォーカス(AF)対応の有効520万画素カメラやGPSなどの高機能も兼ね備えている。


 3位は、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製「VIERAケータイ P-03A」。縦横の2方向に開くことができる「Wオープンスタイル」に対応した2つ折り端末。その名の通り、パナソニックの薄型テレビ「VIERA」の映像技術を搭載し、ワンセグや動画を毎秒30フレームのなめらかな映像で表示できる。

(左から)SH-02A、VIERAケータイ P-03A

 NTTドコモは、端末のシリーズ名を、従来の「900/700」から、ユーザーのライフスタイルに合わせた「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」の4つに変更した。また型番も、たとえば「SH-02A」というように刷新した。メーカーを重視して選ぶのならば、気をつけて欲しい。


今春モデルから型番を変更したau、5位に「SH001」がランクイン



au 携帯電話ランキング
順位 メーカー名 品名 発売年月

1

ソニー・エリクソン
・モバイルコミュニケーションズ

W64S

08/11

2

シャープ

AQUOSケータイ W64SH

08/11

3

カシオ計算機

EXILIMケータイ W63CA

08/11

4

日立製作所

Woooケータイ W63H

08/11

5

シャープ

SH001

09/02

「BCNランキング」 09年3月9日-3月15日 週次 <最大パネル>


 auの1位は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「W64S」。回転二軸スタイルを採用した2つ折り端末。ダイヤモンドピンクやスノーホワイト、ラティスブラック、ミントブルーといった、個性の強いカラーバリエーションを揃え、それぞれ本体カラーごとに異なるフロントパネルを採用しているのが特徴だ。


W64S

 2位はシャープ製「AQUOSケータイ W64SH」。大画面3.5インチのフルワイドVGA液晶を搭載したスライド端末。スライドを閉じたままでも操作できる「光TOUCH CRUISER」をメインディスプレイ横に搭載し、直感的にAVメニューを操作できる。


 3位はカシオ計算機製「EXILIMケータイ W63CA」。カメラ機能に特化し、有効809万画素カメラや連写、AF機能などデジカメさながらの高機能を備える。また、メインディスプレイには、3.1インチワイドVGA有機ELディスプレイを採用し、ワンセグや「LISMO Video」の映像はもちろん、カメラで撮影した写真も鮮明に映し出す。


(左から)EXILIMケータイ W63CA、AQUOSケータイ W64SH

 auは春モデルとして、10機種をラインアップしており、5位のシャープ製「SH001」を筆頭に、8位にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「Walkman Phone Premier3」、10位にパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P001」がランクインした。3月19日には、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「Cyber-shotケータイ S001」の販売が始まり、すべて出揃ったことになる。


 なお、auも今回の春モデルから、型番を変更。従来は「W64S」というように「W」から始まっていたが、春モデルから「SH001」といったメーカー名を表す略称を頭に持ってきている。NTTドコモ同様、注意してもらいたい。


お目当てのモデルが下がっていたら買い!



 各キャリア共通の傾向として、依然として冬モデルが人気を集めている。春モデルの発売にともない、旧機種が値下がりをみせ、最新モデルとの価格差が顕著になっているようだ。2年の長期契約で購入すると、実質負担額0円で購入できるケースもある。もし、お目当ての端末が値下がっていたら、今が買い時かもしれない。(BCN・津江昭宏)



*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで123品目を対象としています。