ウィルコム、バウムクーヘンがモチーフのPHS、おサイフケータイに対応

ニュース

2009/03/16 13:07

 ウィルコムは3月16日、お菓子のバウムクーヘンをモチーフにした京セラ製PHS音声端末「BAUM(WX341K)」を3月19日に発売すると発表した。価格はオープン。「W-VALUE SELECT」を利用して購入した場合の実質負担額は9600円。

BAUM(WX341K)

 側面にはストライプ模様、背面は丸みを帯びたデザインを採用したほか、フロントジョグキーの2重の輪など、バウムクーヘンを思わせるフォルムに仕上げた。また、モバイルFeliCa ICチップを搭載し、同社初のおサイフケータイ(ウィルコム ICサービス)に対応するほか、電話機同士をタッチするだけで、写真やアドレス等のデータ交換が可能な「ICデータ通信」も利用可能。

 そのほか、Flashプレーヤー「Flash Lite 3.1」を搭載し、動きのある待ち受け画面やメインメニュー等のカスタマイズ、ゲームや交通案内などさまざまな対応コンテンツを利用可能。

 2.4インチ液晶と、約197万画素のカメラを備え、カラーはホワイト、ピンク、パープル、ブラックの4色。本体サイズは幅45×奥行き11.4×高さ127mmで、重さ約90g。

オススメの記事