ロジクール、同社初のゲーム用ヘッドセットなど、ゲーム向け製品2モデル

ニュース

2009/03/02 13:08

 ロジクールは3月2日、PCゲーム用のラインアップ「Gシリーズ」で、同社初のヘッドセット「G-35」と、レーザーマウス「G-9x」を、3月27日に発売すると発表した。価格はオープンで、直販サイト「ロジクールオンラインストア」価格は「G-35」が1万2800円、「G-9x」が1万1800円。

「G-35」と、「G-9x」

 「G35」は、7.1chサラウンドサウンドを提供するヘッドセット。第2世代のDolby Headphoneテクノロジーを搭載し、3次元の音場を正確に再現できるという。耳をすっぽりと覆うオーバーイヤー型のデザインを採用し、周辺雑音を大幅に低減させ、さらに位置の調節が可能なノイズキャンセリングマイクが周囲の雑音をブロックすることで、音声だけをクリアに伝えることができる。

 付属ソフトを使えば、人気タイトル「World of Warcraft(ワールド・オブ・ウォークラフト)」の操作キャラクターの声色を使ったり、ゲーム中のユーザーの声色を変えたりできる。利用できる音声はAndroid、Troll、Giant、Alien、Mutant、Space Squirrelの6種類。

 このほか、薄型、厚型、曲線型の3種類のヘッドバンドパッドを付属。MP3形式などの一般的なフォーマットのステレオ音声ファイルであっても、Dolby HeadphoneテクノロジーとDolby Pro Logic IIを組み合わせることで、臨場感あふれるサウンドにグレードアップできるという。

 レーザーマウス「G-9x」は、07年9月に発売した「G-9」の後継機種。スピード性能を高め、ゲーム用マウスパッド上のテストでは、最大スピード150インチ/秒を実現した。また、解像度を手元で調整可能で、200-5000dpiまで、設定できる。

 ユーザーのプレイスタイルに合わせて握り心地を調整できる着脱式グリップ2種類を同梱。また、最大5つのプロファイル設定を記録できるオンボードメモリも搭載した。ウェイト調整システムを使用すれば、重さの調節が可能。

 このほか、、ゲームタイトルや好みに合わせ、マウスに搭載されたLEDの発光色を変更することができる。本体サイズは幅195×奥行き94×高さ191mm、重さは400g。

オススメの記事