東芝は1月22日、HDD搭載のハイビジョンレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの新商品として、番組予約を本体の液晶表示を見ながら設定できる「かんたん本体予約」機能を搭載した「RD-G503」など2モデルを、2月1日に発売すると発表した。価格はいずれもオープン。

 「RD-G503」は、レコーダー本体に搭載した液晶で録画予約を設定できる「かんたん本体予約」機能を業界で初めて搭載したことが特徴。テレビ画面に表示される電子番組表を使わなくても予約できる。500GBのHDDを内蔵している。本体カラーはブラックとホワイトの2色。実勢価格は7万円前後の見込み。

 そのほか、「かんたん本体予約」非搭載で、320GBのHDDを内蔵した「RD-E303」も同時に発売する。本体カラーはブラックのみ。実勢価格は6万円前後の見込み。

 ともに、電源を切るたびにごみ箱フォルダが自動で空になる「ごみ箱自動削除機能」や、DVD操作用のメニューを追加した「新スタートメニュー」などを搭載し、使い勝手を向上させた。本体サイズは共通で、幅430×高さ67×奥行き347mm。通常のリモコンのほか、よく使う操作ボタンを集めたシンプルリモコンが付属する。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');