日本ビクターは1月5日、32V型で薄さ7mmという次世代薄型液晶ディスプレイ技術を新たに開発し、09年中に同技術を利用した薄型・軽量ディスプレイを発売すると発表した。

試作機のイメージ

 独自の新光学システムと液晶モジュール構造の開発により、32V型の液晶ディスプレイで薄さが7mm、重さは世界最軽量となる5kgを実現。液晶テレビシステムとして、壁掛けや天吊りといった自由な設置が可能になるという。

 高コントラストと高色域、高均一性などの高画質性能と省エネ性能を両立。光学・強度・放熱性能を維持しつつ、液晶モジュールの部品点数を従来より約10分の1に削減し、使用資源を大幅に低減した。また、LEDバックライトの採用で水銀を不使用とし、環境にも配慮している。

 なお、本技術を搭載した32V型フルハイビジョン倍速液晶ディスプレイの試作機を、現地時間1月8日から11日の期間に米ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「2009 International CES」へ参考出展する。