東芝は、電力・産業用太陽光発電システム事業拡大のため、社内カンパニーの電力流通・産業システム社内に、新組織「太陽光発電システム事業推進統括部」を1月1日付けで設置した。2015年度に売上高で約2000億円を目指す。

 太陽光発電システム事業における事業戦略策定、マーケティングなどに加えて、ほかの社内カンパニー、グループ会社にまたがる同ビジネスを組織横断的に統括する。

 同社では太陽光発電システムに加え、高効率モーター、新型二次電池「SCiB」などの新エネルギー・省エネルギー関連製品およびシステムを組み合わせることで、環境に配慮した総合エネルギーシステムの実現に努める。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');